カエルリング

型番 SRW-23
販売価格 194,400円(税14,400円)
購入数

【テークム アニマル】                  
カエルのユーモラスな動きがそのまま指に纏わりつくようにデザインされています。見るたびについ微笑んでしまうような愛らしさをお楽しみ下さい。
日本が持つ高い美意識と丁寧できめ細やかな創りをこよなく追及しました。使用しているダイヤモンドは全てVS〜SIクラス。ダイヤモンドのニードルで地金部分に非常に細かな無数の跡をつけることにより落ち着いた独特な輝きを持つジュエリーに仕上げました。                      【素材】K18ホワイトゴールド(ロジウム仕上)・ダイヤモンド 0.15ct・ルビー約0.08ct
【総重量】約10.5g(サイズ♯14を基準とした重量)
【サイズ】最大幅 約14mm
【納期】約30日間
*裏側も丁寧に仕上げてあり、シリアルナンバー入りです。
*オリジナルケースにお入れしてお届けいたします。(鑑別書付)
*こちらの商品はご注文頂いてから手作りとなりますので、ご注文後のキャンセルはお受けできませんので予めご了承下さい。

Your recent history

About the owner

ウィリー

ペットの肖像画承ります あなたのかけがえのない仔を素敵な絵画にいたします。
プロの画家が、心を込めて温もりあるアート作品に仕上げます。

●推奨メッセージ●

アートは人の心に感動と安らぎをあたえる。玉淵画伯のオリジナリティー溢れるアートが、動物たちへの愛をより深め癒しの世界にいざなう。私も亡くなった愛犬の<ディア・ワン>を眺めては、あの頃のふれあいがよみがえりそのぬくもりに癒される。ペット愛好家の熱い想いを託した珠玉の一点を、是非皆様にもお薦めいたします。
ギャラリー椿 椿原 弘也


●プロフィール●

■玉淵 文雄
武蔵野の面影を残した調布育ちの団塊世代。いつも絵を描いている子供でしたが、将来の夢は動物学者でした。中学から油絵を描き始め、基礎からデッサンなどを学び中学校は進学校にありながら、授業よりも美術部室を教室とするほどであった。 
1971年・東京藝術大学油画科卒


■RYOH(りょう)
幼少期より絵が好きで、20代には雑誌や広告・パンフレットなどにイラスト・挿絵を提供。雑誌デザインの仕事をしながら、東京デザイナー学院・グラフィックデザイン科(夜間部)に通う。2008年・河嶋淳司氏の作品に出合い、深い感銘を受け再度本格的に絵画を勉強する。2009年7月〜2012年6月・よみうり文化センターにて、目羅健嗣氏「猫の絵を描く」を受講し、油性色鉛筆で描いたものをオイルでぼかす手法を学ぶ。